士業である会計士、行政書士について

専門

senmon

士業とは、弁護士、会計士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、海事代理士といったような職業名の最後に「士」とつく職業の総称であり、「しぎょう」であったり「さむらいぎょう」といったような呼ばれ方をする。

全ての士業は、専門的な知識を必要とする国家資格であるために職業としての非常に希少価値が高いとされている。

国家資格を取得する為の国家試験の難易度も高く、合格率が1桁の試験も存在している。

主要

syuyou

士業は現在では、様々な分野に数多く存在している。

そんな数多く存在している士業の中でも弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、海事代理士の8は、一般的に8士業と呼ばれているのである。

これらの8つに共通する事は、戸籍謄本や住民票の写しといったような書類の職務上請求権を持つためである。

収入

士業の特徴として収入が高いと言うことが上げられる。

しかし、全てが高い年収を得る事が出来るというわけではない。

独立開業が可能な弁護士や、社会保険労務士、司法書士、行政書士等では、独立し事務所を立ち上げる事で、高い収入を実現するという事が可能となるのに対して、測量士、社会福祉士といったような場合では、企業に勤務するという形になる為に収入は独立開業できるものに比べて低くなってしまうと言えるが、それでも一定水準以上の収入を得る事が出来る。

ニューエントリー

ニュース

2014/04/18
司法書士を更新
2013/10/15
知識を更新
2013/10/15
業務を更新
2014/02/20
起業を更新